タイの家はどんな感じ?戸建てやムーバーンの様子を紹介!

私はタイのムーバーンというエリア(広い1つの敷地に家が沢山立ち並ぶエリア)に住んでますが、勿論タイにはこうしたムーバーンだけではなく、日本と同様に道沿いに建っている普通の家やマンション(コンドミニアム)があります。

今回はタイにおける普通の家、その中でも昔ながらの家の様子や、ムーバーンの中にある家はどんな感じか、ムーバーン自体の様子も交えて紹介したいと思います。

タイにいる知り合いやお友達の家を訪問したり、タイで家をレンタル、購入したい、タイに住むとしたらどんな感じの家に住むことになるのか、と気になる場合の参考に是非してみてくださいね。

タイの住まいに関する予備知識

まず家の様子の前に、家に関するちょっとした予備知識から。

日本では家が建つ土地の面積を、50坪とか100坪など、「坪」という単位が使われたり、50㎡、100平方メートル、という「平方メートル」という単位が使われますね?

タイでは「平方メートル」で表現することもありますが、土地面積を示すには「ライ」とか「タランワー」という単位が良く使われます。(タランワー? 知らんわー、なんちって)

  • 1ライ (400タランワー)= 約1600平方メートル = 約485坪
  • 1タランワー = 4平方メートル = 約1.2坪
    (100坪は82.5タランワー)

街中など、すでに土地利用が非常に進んでいる場所や大きな土地の広さの表示が必要とされないマンションなどでは「タランワー」が広さを示す単位として良く使われますが、畑が広がっているような広大な場所や郊外では「ライ」の単位が使われているようです。

(つまりその単位で土地が売り買いされてる。1ライってかなり広いので、そんななくてもいいからその内の100タランワー(120坪)頂戴、といっても、なかなか小分けにするのは難しいようだ)

昔ながらにその土地に住んでいる家では、以前はまだ周りが畑だった、みたいなところが多いのか、家の敷地が1ライ(約485坪)とか丁度その半分の1/2ライ(約240坪)、といった場合も多いようです。

こうした「昔ながらに住んでいる」といった家庭では、1ライや半ライに1軒家がある、というより、その敷地内に複数の家があり親族が集まって暮らしている、というパターンもありますね。

(レストランとか、割と大きな駐車場が必要な場所は、1ライとかの単位で土地を使っていることも多く、タイでレストランなどお店を訪れた時、やけにここ駐車場が広いよね、と感じたら、あー、なるほど、これ、1ライの広さの土地を使ってるんだ、と思えばよいかも)

妻の実家は割と以前からその土地に住んでいるようで、敷地面積も大きく、その中に5世帯分の家が建ち、そこで親戚の人たちと一緒にワイワイガヤガヤ会話の途絶えないような感じで住んでたりします。

昔ながらの家の様子

では最初に「昔ながらの家の様子」、ということで、妻の実家を例に挙げてご紹介!

まず土地面積は1ライだそうです(つまり約485坪)。その中に5世帯分の家があり、家以外のスペースは車を適当に止めたり洗濯物干したり、外のテーブルでご飯食べたりと自由気ままに共同で使っている、という感じ。

あくまでイメージ。塀で囲まれた一族の領域。そこに足を踏み入れるのには勇気がいるぞ。

こんな図の感じで、大きな敷地の中で数世帯の家族が暮らしてます。

  • 「ねぇ、今度私の家に遊びに来てよ。皆に紹介したいから」
  • 「はいな、あんさん。今度タイに行ったら連れてってね~」

最初は日本と同じ感覚で、普通に一軒の家を訪れて、お父さんお母さんとかに紹介してもらえるのかな、なんていう感じでタクシーに乗って妻の家訪問。(この時はまだ妻じゃないんですけど)

タクシーに乗り、大通りを走り、そこから横道に入り(タイ語ではこうした大通りからの横につながる細めの通りを”ソイ”と呼ぶ)、しばらくすると到着するわけですが、なにやら塀がズズズっと続いている。

ぬぬぬぬ...何これ。家なの?
もしかしてあなた、超お金持ちのお嬢様?

塀の続きに大きな門があり、そこをよいしょ、よいしょと内側に開けて中に入るわけですが(スライド式ではなくて内側に開く門)、もうこの時は内心かなりビビってた。どうも家族とは違うような得体の知れない人もウロウロしてるし(これ、実はお雇いの警備員お兄さん)、あやしい...

何かとんでもない所に来てしまったかも。まさか売り飛ばされるってことないよね...(脳裏に浮かんだのは、その後に妻となる女性が暗闇でヒヒヒヒ...と笑う顔)

後で聞いてみたところ、そこには何十年か前に一族で引っ越ししてきたらしく、当時は周りは畑ばかり。その後、巨大都市に徐々に飲み込まれ、今では立派な都会の一部になっている、という感じ。割と昔からその土地に住んでいる人は、こんな感じで大きな土地に一族で住んでいるパターンがあるようですね。

(核家族化する前の日本もこうだったんじゃないかな)

共有の空きスペースが沢山あるので、車がゴロゴロ停まってるし、週末、特に土曜日になれば、近くに住んでいる他の親戚たちもゾロゾロ集まってきて、この空きスペースでパーティーとかが始まる。

(総勢20名~30名ぐらいになるでしょうか)

最近こそ誰が誰、というのが分かり、多少タイ語も話せるので慣れてきましたが、始めの頃は、ワラワラと湧いて集まってくる人の顔と名前を覚えるのに精一杯。新しい人が出てくると「あ、また知らない人が来たよ...どうしよう」と妻に「あの人、誰?名前なんて言うの。何やってる人?」とヒソヒソ話。

話しかけられても、いわゆるジャパニーズスマイルを振りまくばかりで、「早く帰りたいー」という思いが心の中で炸裂します。とてもパーティーを楽しむなんて余裕なく、妻がちょっとでも席を外して遠くにいこうものなら、どうしよう、どうしよう、とまるで幼い子供にでもなった気分。

でもタイの人は日本や日本人に対して物凄く好意的で、少しでも知っている日本語や日本のことを私に話しかけてくれる。

たとえば、タイには「OISHI」(おいしい)という名の日本食レストランがありますが、「”おいしい”ってどういう意味?」とか、日本のアニメもテレビで放送されてたりしてることから「こんにちは」「ありがとう」とかの言葉を結構知ってて、それを使って話かけてくれたりするんですね。

(叔父さんなんかは知ってる日本語の歌、歌ってくれたりするし)

私は話しかける、ということがどうも苦手で、ただただジャパニーズスマイルを振りまいているだけ(というか、薄ら笑いをしている変な人)ですが、すこしでもコミュニケーションをとろうとしてくれるところが、温かな気持ちが伝わって来てとても嬉しいところです。

タイの知人、友人の家を訪れる、でも何か物凄く大きそうな家だとしても、そこは安心して中に一歩踏み入れて行きましょう

ムーバーンの家の様子

続いてはムーバーンの様子ですが、こちらで実際にタイの家の中はどんな感じか、ムーバーン全体の様子を含めてご紹介です。

ムーバーンとは大きな敷地内に沢山の家を建てたその集合体。引っ越し先を決めるときに色々なムーバーンを見て回りました。

ムーバーンの全体像については「タイで家を購入!戸建てやマンションのポイントと体験談」の記事も参考にしてみてください。

ムーバーンには色々なブランドがある

ムーバーンも色々な企業が販売しているようで、様々なブランド名がついてます

ブランドによってその中の家の価格帯も「うわ、こんなに高いの?」「誰がこんなにお金出すんだ」というものから「これなら、まぁ行けそう」などありますが、私が選んだムーバーンのブランドは高級な部類(つまり高い価格帯)のものだったようです。

家を探している時や実際に住む前は何も知りませんでしたが、その地域の人なら誰もが知るようなブランドで、これが家の場所を説明するのに非常に楽。妻も後で有名ブランドのムーバーンに住んでいる、ということが分かったようで、誰かに住んでいる場所を説明する時には、何気に「こやつ、少し自慢げに話してるな」という雰囲気を出してます。

(私には分かるのだ。あなた、鼻息、荒くなってるよ)

ただし、私の家が高級、というのではなく、あくまで、たまたま私たちが選んだ家が高級ブランドのムーバーンの中にあった、というだけなんですけどね。(ムーバーンの中の家も敷地面積や家の広さでランク分けがある)

では早速ムーバーンに行ってみましょう。

ムーバーンのゲートの雰囲気

ムーバーンへの出入り口にはゲートがあり、そこに警備員さんがいますが、ゲート周りはそのムーバーンの顔になる部分。ムーバーンごとにいろいろな表情を見せてくれます。

何かセレモニー会場のような雰囲気のゲート
丸型で落ち着いた感じのゲート
がっしりしたロボットのようなゲート
お城の塔のようなゲート

こうしたゲートのところに警備員がいて、出入りする場合はチェックを受ける。デリバリーサービスや郵便配達といったもの以外で中に入る場合は、中に住んでいる人の許可がないとここで止められてしまいます。

また例えばタクシーを呼んだりすると、タクシーのドライバーはここでIDカードを預けて中に入り(タイの人は一人一人IDカードを持っている)、出るときにまたそれをこのゲートで受け取ってから出る、みたいな感じです。

またムーバーンの個々のブランドや同一ブランドでも違いがあるかも知れませんが、高級なところはゲートも2重になっていて、表のゲートでチェックを受け、少し奥に進むと更に別のゲートがあって再びチェックを受ける、みたいになります。(出入りはかなり厳しいぞ)

ちなみに私のいるムーバーンでは、警備員さんの中に気の良いおじさんがいましたが、その方、椅子に座ってたまにうつらうつらと居眠りしている。私などは「のんびりした雰囲気出してて良いな(フフフ)」なんて思ってたところ、知らない内に違う人になってました(誰かが苦情を言って交代させられたみたい。クビになってないと良いな)

ムーバーンの中の様子

ではいくつかムーバーンの中に入ってみましょう。

家を探している時に見たもので、既に各家が出来上がっているもの、まだまだ建設中のものもありますが、とりあえず中に入ってみて見ると...

大抵の場合、こんな感じの共用の25mプールがある。奥に見えるのはスポーツジム
割と新しいムーバーン。木の育ち方で新しさが分かる

まだ建設中のムーバーン。建物が出来たら木とか植えて家らしくなっていく
完成してから数年経過しているムーバーン。緑がとても多い

上の画像にあるように、大抵入り口ゲート付近にプールやスポーツジムがあったり、まだ販売中の家がある場合にはその近くにムーバーン専用の事務所がある

そしてさらに進むと家々が立ち並んでいるわけですが、そのムーバーンの敷地面積によっては、かなり広い大通りが中に続いていたり(4車線は大げさですが、とても余裕のある2車線道路、みたいな感じ)、年数がそれなりに経っているムーバーンでは木々が成長して非常に緑豊か。

敷地内はここに住む人は自由に行き来できるので、日差しが落ちて来る夕方などは、ジョギングしてる人、犬の散歩してる人、自転車で遊びまわる子供たち、など、道や公園で見かけます。(私も良く夕方に公園などで散歩してる)

家の外観

実際にムーバーンに入り家々を見てみると、ムーバーンのブランドによって家の外観もかなり違う。

落ち着いた感じの家
タイのムーバーンではよく見るような普通な感じのタイプ
新しめのタイプ、モダンな感じ
新しめのモダンなタイプ

落ち着いた感じのオーソドックスなタイプから、これは新しいタイプだな、と一目でわかるようなモダンな感じのものまで様々。

ムーバーン内には100ぐらいの家がある場合、最初に販売する時はそのうちの例えばまず30戸完成させて第一次販売、つづいて40戸完成させて販売、というように、段階を設けて販売しているようです

第一次販売から第二次販売、第二次販売から第三次販売、と期間が空くことが関係すると思いますが、私のムーバーンでも第一次販売と第二次販売では外観が結構変わり、

  • よく見る普通のタイプは第一次販売
  • でも第二次販売ではモダンなタイプに変わっている

という場合があります。(ムーバーン内が全て同じ外観の家で統一されている、というわけではない)

時間が経過する中で、土地の値段が変化したり(基本毎年土地代は上昇傾向)、そのために建築材料の費用削減で必然的に見た目の変化が出たり、求められる流行りのスタイルも変化するなど、ムーバーンの販売企業も適宜対応していっている、という感じかも知れませんね。

では実際に家の中をのぞいてみましょう。

玄関と床が明らかに違う

タイの家と日本の家の違いで、最も大きいのは玄関と床にあるかも知れません。タイの家にはそもそも玄関がない!

1階。ドアを入るとそこはリビング

2階は結構こんな感じのフローリング

まず表のドアを入ると、日本であればそこは玄関。でもタイではいきなりリビングに入る感じです。え?靴は?というと、靴は家に入る時にその辺で適当に脱ぎ、家の中に入ります。靴を後ろ向きにそろえて中に入る、といった、日本では1つのマナーにもなっている靴の脱ぎ方、揃え方、みたいな習慣はないんだな。

そして床に注目!

写真は少し暗いので分かりづらいですが、1階は大抵タイルみたいな床が多いようです。スベスベして気持ち良いですよ。タイは暑い国なので、そうしたところからこのような床になっているのか、という感じ。2階は板敷きのフローリングになっているところが多いですね。畳の部屋は勿論ありません(笑)

フローリングについては写真にある2階の画像では明るめの色の板が使われてますが、こうした明るめの床は材料費を抑えた新しいタイプの家に多いようです。若干古いタイプの家は、濃いブラウンの、いかにもしっかりした材木で作ってますよ、という雰囲気を醸し出してます。

キッチンが2つある?

続いて主婦が気になるキッチン!

キッチンで驚いたのは、大抵の家には外にもう1つキッチンがあること。匂いの強い料理は外で作る、ということのようですね。(私の家の対面の家庭は、よく外のキッチンで魚とか焼いてる。でも他の家庭は使ってないみたいですが)

家がそれなりなのに、キッチンが小さい
こちらは結構広いキッチン
外にもキッチンがある
割と普通なキッチン

そしてもう1つキッチンで(少し)驚いたのは、小さいキッチンが結構多いこと。

1DKのキッチンじゃあるまいし、と思いつつ、これは外にキッチンがもう1つあることも関係していると思いますし、タイでは外で食べモノを沢山売ってるので(屋台もあるし、その辺のレストランでは持ち帰り、ということで普通にメニューから選んで料理してもらえる)、外で買って帰り家ではあまり料理をしない、という家庭もあるようです。

そのためにキッチンは大きくなくても何とかなる的な考えかも知れませんね。

広めのキッチンのある家は、その家自体がかなり大きいところ、になると思います。(でも中には、こんなに大きな家なのにキッチンスペースってこれだけ?みたいなところもあるにはあります)

バス・トイレは3つが基本?

続いてはバス・トイレ。

タイの家のバス・トイレは、「シャワー+洗面所+トイレ」で1セットが基本。日本で見るように、トイレだけ別、みたいなタイプは見かけませんでしたし、残念ながら浴槽がないのも基本です。

日本人ならたまにはゆっくり湯船につかりたい、と思うものですが(といっても私はシャワー派(笑))浴槽が欲しい場合には、自分でバス・トイレルームを改造する、ということが多いみたいです。

タイの家の一般的な形。洗面所+トイレ+シャワー。奥がシャワーで、水が外に飛ばないようにビニール製のカバーで仕切る場合が多い
バスタブがあるぞ!これはバストイレ全体を綺麗に改造しているようだ

タイの家に住むにあたって、多分日本人が一番戸惑うのがトイレ。画像をよく見るとトイレわきに小さなシャワーみたいのがついてますよね?

日本人旅行者が泊まるような高級ホテルにはウォシュレットがあるところもありますが、タイにあるトイレは基本的にこうした小さなシャワーが横にあり、それで水を当てて洗いたい所を洗います。(これが中々慣れなかった(笑))

でもこの小さなシャワー、実はとても便利で、トイレ周りで少し汚れがあり水で洗い流したいという場合には、このシャワーを使って、シャワシャワシャワ、とすれば掃除も楽ちん。

タイのバスルームは、水に濡れても良いように床がタイル敷きになっているのが基本で、シャワーでそこらあたり一面水を流しても大丈夫なように排水も考えられた作りになってます。

(だからタイ語でバスルームの事を”ホンナーム”(ホンは部屋、ナームは水、つまり、水の部屋)と呼んだりするんですね)

こうしたバス・トイレが1階に1つ、2階に2つあるのが普通で、少し小さいサイズの家になると1階2階に1つづつ、という形

2階は大抵、大きな部屋(マスターベッドルーム)1つとその他の寝室が2つあり、マスターベッドルーム専用のバス・トイレが1つ、その他2つの寝室で共用するバス・トイレ1つある、という感じです。(何か贅沢ですね)

階段は折り返しが基本

では続いて2階にあがる階段です。

私の経験だけで言うと、日本にいた時2階に上がる階段は一直線で急勾配のものが基本だったと思います。(違うかな?)

タイではムーバーンの家を色々見て回りましたが、そうした一直線の階段はなく、基本は途中で折り返しで登っていくタイプ(そのため急勾配ではない)。

また階段も2階の床と同じで、新しいタイプの家(土地代とかが上がって材料費を抑えたように見える建築)と、そうではないタイプの家(まだ土地代が上がってない時期に建てられた家、または、高級感のある家)では雰囲気が異なります。

明るめの材質の階段
色の濃いしっかりした材質が使われている階段

1つ目の画像が新しいタイプの家の階段で、明るめの材質で作られているようですが、2つ目の画像では板の色も濃いブラウンで、いかにも「木をしっかり使ってるぜ」という雰囲気。

歩く感触も、木をしっかり使ってるぜ、というタイプの方が床が硬い感じで、なにか高級な足ざわり、というか、しっかりした材質で作ってるな、というのが伝わってきます。

(ちなみに私の家は、この「しっかりした木を使ってるぜ!」というタイプの階段です。数少ない自慢できる部分(笑))

庭が広い所は本当に広い

最後は庭の雰囲気を見てみましょう。

ムーバーン内の既に完成している家では庭の広さはもう変えられませんが、まだ建設中のムーバーンの場合、庭をもっと広くしたい、ということであれば交渉できます

勿論土地がそれだけ広くなるわけで、ムーバーン側が想定している価格よりも広げた土地分だけ高くなるなりますが、そうした交渉もできる、ということを知っておくと良いことがあるかも知れません。

※)一定期間がたつと、場所代がとられるようになる。マンションで言う管理費みたいなもの。この費用で警備員や清掃員などが雇われる。土地の広さに応じて徴収されるので、そこも考えておいた方が良いかも

綺麗に整えられた庭
まだ新しい物件の庭。広いですね。
結構ほったらかしの庭(笑)
広い庭には神様を祭る社を置く人も多い

家には大抵正面に駐車場があり、そして庭がぐるっと家の周りを囲ってます。

家の裏側は庭というより細い通路で、歩いて家を一周回れる形。キッチンが外にあったり、大きな水用のタンク(高さ2mほどのもので、断水に備えて水をためたりするもの)を家の後側などに置くのが普通で、そうしたものに簡単にアクセスできるようになってるんですね。

庭の広さは同じムーバーン内でも複数のタイプがあり、広いタイプでは、そこに新たに別室を独立して建てたり、そもそもそうした別室が庭に用意されているタイプのものもあります。(私は全然その必要性が分かりませんが。ゲストルームとか子供の独立した部屋とかになるのかな?)

タイは仏教国で非常に信仰の篤い人が多い、というか、仏教は生活の一部となっていて、家の中や庭に神様(精霊)などをお祭りする社を置く人も沢山います。バンコクでもどこでもそうですが、歩いているとこうしたお社がホテルの敷地内やマンションの一角においてあるのを見かけます。

各家庭でも敷地があれば大きなもの、敷地が少なければ家の中などにお祭りしてますね。(日本で言う神棚みたいなものかな)

タイの家で一番びっくりしたこと

おまけですが、タイの家でこれまで一番びっくりしたのは、メイドさん用の部屋があらかじめ用意されているものがあること

これは比較的大きな家や昔の家に限られかもしれませんが、家の中とは行き来できない一部屋が同じ屋根の下にあります。

そうした家ではバスルームもその部屋専用のものがあり、こちらも同じ屋根の下にありますが外からしか出入りできない。

かなり昔に話のタネにとバンコク郊外の新築物件を見学しに行ったことがありますが、その家は木造のタイの昔風の家。そこには同じ屋根の下でありながら外からしか出入りできない家とは隔離された1室がありました。

何だろう、あの部屋は...なぜにそうなっているのか不思議に思って妻に聞くと「あれはメイドさん専用のお部屋だよ」。

あーそうなんだ、とは思いつつも、「でもあの部屋だけ孤立していて可哀そうじゃない?」なんていうと、一緒に同行していた人たち含めて大笑いされました。(なぜ笑われたのかが分からずオロオロする私)

タイではメイドさんを雇うことが多いですが、タイのことわざに「メイドさんは怖い」みたいなものもあり、「メイドさんは家を出入りし家の事を良く知ることになるから、不用意に色々話してはダメ」ということもあるようです。セキュリティ観点から寝泊まりは同じ屋根の下と言えど、家の中には入れないような形になってるみたいですね。

では、今回はタイの家やムーバーンの様子の紹介でした。ご覧いただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました